6カ月長女に虐待か、傷害容疑で父親逮捕 大阪・淀川

 大阪市淀川区のマンションで当時6カ月の長女に左腕骨折の大けがを負わせたとして、大阪府警は14日、同区の会社員の男(32)を傷害容疑で逮捕し、発表した。「娘に暴行などしていない」と容疑を否認しているという。長女にはほかにも腕や足に骨折の痕があり、府警は日常的な虐待がなかったかも調べる。

 捜査1課によると、男は1月24日、淀川区内の自宅マンションで長女に何らかの暴行を加え、左腕骨折の重傷を負わせた疑いがある。搬送先の病院が「虐待の疑いがある」として大阪市こども相談センター(児童相談所)に通告し、家族が府警に通報した。

 当時、男は妻と長女の3人暮らし。3人で外出した際に長女が大声で泣くなどして病院に行き、骨折がわかった。男は暴行を否定しているが、府警から依頼された複数の医師が暴行による骨折の疑いが強いと判断したという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索