新名神で多重事故、軽乗用車の3人死亡 三重・亀山

新名神で多重事故、軽乗用車の3人死亡 三重・亀山

 15日午前6時半ごろ、三重県亀山市安坂山町の新名神高速道路下り線の鈴鹿トンネル内で、軽乗用車など少なくとも3台が絡む事故があった。軽乗用車に乗っていた男性3人が死亡した。

 県警高速隊によると、走行車線を走っていた軽乗用車が大型トラックに追突し、はずみで追い越し車線側の壁面に激突して横転。そこに後続の乗用車が突っ込んだという。乗用車の助手席に乗っていた津市の女性(49)もけがをした。

 軽乗用車は大阪ナンバーで、大阪府内のハウスクリーニング会社の名義。高速隊は、乗っていたのは同社の10〜20代の従業員とみて、身元の確認を急いでいる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索