東名阪道で多重事故 上り線が一時通行止め 三重・鈴鹿

 15日午前10時半ごろ、三重県鈴鹿市長沢町の東名阪道上り線で計6台が絡む事故があった。東名阪道は、事故の影響で上り線の伊勢関インターチェンジ(IC)―鈴鹿IC間が一時通行止めとなった。

 県警によると、路肩で除草などをしていた作業車に大型トラックが追突し、作業中の4人が重軽傷を負った。この事故を見て減速した後続の車2台にも別の車がそれぞれ追突する事故も起きた。県警は大型トラックを運転していた男を、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索