さっぽろ雪まつり、来場10万人減 インフルや五輪影響

さっぽろ雪まつり、来場10万人減 インフルや五輪影響

 冬の札幌名物「第69回さっぽろ雪まつり」が12日閉幕し、13日から雪像の解体作業が始まった。実行委員会によると、開催が例年より1日延びたのに、来場者数は過去最多だった前回を約10万人下回る254万3千人。インフルエンザの流行や平昌五輪の中継と重なったためとしている。

 大通公園では13日朝、高さ10メートルを超える大雪像が次々に崩され始めた。大型トラック約700台分の雪を使い、28日間かけて制作された人気ゲーム「ファイナルファンタジー」の大雪像もショベルカー2台であっというまに崩された。青森市から親子で訪れた星野拓真ちゃん(4)は「ずっと見ていたかったから壊すのはもったいない」と話した。

 解体作業は見学ツアーも組まれるほどの人気。大勢の見物客らが見入った。(今泉奏)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索