ツバメ一家、23回目の「里帰り」 農家夫婦宅で子育て

ツバメ一家、23回目の「里帰り」 農家夫婦宅で子育て

 栃木県日光市で農業を営む斎藤幸男さん(67)、たか子さん(67)夫妻の家の中でツバメが巣を作り、ヒナを育てている。毎春やってきて、今年で23回目になる「里帰り」。子どものいない2人にとって、かけがえのない存在だ。

 ツバメたちは今年、例年より早い3月下旬にやってきた。しかも、昨年までは1組だったつがいが、2組に。居間など家の中にある5カ所の巣のうち、玄関と廊下の巣を選んで生活を始めた。

 5月は田植えの時期。夫妻が農作業を終えて夕方に帰宅すると、「もうそろそろだね」と玄関先の電灯をつける。すると親ツバメが玄関からスーッと入ってきて、巣の中で待つヒナたちにえさを与える。静かにしていたヒナたちは口をパクリと開け、大合唱を始めた。ヒナを食べさせ終えた親ツバメは居間の梁(はり)に止まって一休み。夫妻の表情は緩みっぱなしだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索