保護猫カフェ、飼い主との出会いの場に 名古屋に広がる

保護猫カフェ、飼い主との出会いの場に 名古屋に広がる

 保護団体などから引き取った保護猫と触れ合え、新たな飼い主も探す「保護猫カフェ」が、名古屋市内にでき始めている。市動物愛護センターによると、「殺処分ゼロ」を目指す取り組みの一つで、市内に数店あるという。猫を飼いたい人と保護猫が出会う場所になっている。

 15平方メートルほどの広さに、茶や白黒などの猫が7匹おり、スタッフと戯れている。色も毛並みも様々で、どれも捨てられたり、野良猫から生まれたりして飼い主がおらず、市動物愛護センターや保護団体に収容された猫たちだ。

 名古屋市中心部の金山駅から歩いて5分ほどの国道19号沿いに、4月30日にオープンした保護猫カフェ「ミラクルキャット」(名古屋市中区正木3丁目)。ベトナム料理店やネットカフェが入る複合施設の一角にある。

 癒やしを求める客と猫の触れ合いの場である一方、新たな飼い主に猫を引き渡すのが目的。今月8日にはタレントの中川翔子さんが最初の引き取り手になり、メス1匹を引き取った。ほかにも2、3人から譲渡の申し入れがあり、面談や飼育環境の視察、試し飼いなどを経て引き渡すかどうかを決める。

 営業時間は午前11時〜午後8時。料金は30分700円(飲み物付き)、その後は30分ごとに500円。売り上げの一部は市動物愛護センターを通じて保護団体などに寄付する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索