容疑者、母が体でかばう娘の背中刺したか 千葉4人殺傷

 千葉市稲毛区の飲食店で13日、家族4人が一緒にいた親族の男に刃物で切りつけられ、女児(6)が死亡、父母ら3人が重軽傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された元千葉市議の小田求(もとむ)容疑者(46)が「仕事の話になりカッとなった」という趣旨の供述をし、容疑を認めていることが15日、捜査関係者への取材でわかった。一方、小田容疑者には意味不明の言動もあるといい、県警は動機や責任能力の有無を慎重に調べる。

 小田容疑者は女児の母親(42)の兄。元オペラ歌手で2015年春まで千葉市議を2期務めた。県警は同日、小田容疑者を母親への殺人未遂容疑で千葉地検に送検した。

 死亡したのは同区の幼稚園児、高木彩友美(あゆみ)ちゃん。小田容疑者の送検容疑は13日午後7時ごろ、同区小仲台2丁目の居酒屋で、彩友美ちゃんの母親に包丁のような刃物で切りつけ、殺害しようとしたというもの。捜査関係者によると、父親(44)の太ももを刺した後、母親が体でかばおうとした彩友美ちゃんの背中を刺し、彩友美ちゃんの妹(1)を抱いていた母親に切りつけたという。母親は頭部や両手に大けがをした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索