博多の川にワニ? 体長50センチ、県警が捜索中

博多の川にワニ? 体長50センチ、県警が捜索中

 福岡市博多区東光寺町2丁目の御笠川で16日午後7時ごろ、ワニのような生き物がいるのを通行人が見つけ、17日に市博多保健所に連絡した。

 保健所から連絡を受けた博多署によると、ワニのような生き物は体長約50センチという。署は17日午後3時から14人態勢で捜索したが見つからなかった。18日も捜索を続ける。なぜ川にいたのかは分からないという。

 また、市教育委員会を通じて、付近の小学校に「発見現場付近には近づかないように」と注意を促している。

 福岡市博多区の広重康平さん(35)は、12日午後2時30分ごろに家族4人で散歩していて、発見現場付近でワニらしい生き物を見つけていた。「カメを見に行ったのに、まさかワニがいるとは思わなかった。驚いた」と話した。(岡純太郎)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索