博多―小倉間で外部から人侵入か 山陽新幹線の人身事故

博多―小倉間で外部から人侵入か 山陽新幹線の人身事故

 14日午後2時10分ごろ、JR小倉駅(福岡県北九州市)に到着した山陽新幹線博多発東京行きのぞみ176号(16両編成)のボンネットが割れていると、別の列車の運転士から総合指令所に連絡があった。山口県警が、次の新下関駅で臨時停車したのぞみ176号を確認したところ、先頭車両のボンネット付近が割れ、中から人体の一部が見つかった。年齢や性別などは不明という。JR西日本は博多―小倉間で人をはねたとみている。

 JR西日本によると、のぞみ176号の運転士は「ドンという音がしたが、小動物に当たったと思い、ただちに停止させる必要はないと判断した」と話しているという。事故を起こした状態で小倉駅を出発した経緯は調査しているという。

 山陽新幹線による人身事故は、2016年5月に姫路駅(兵庫県姫路市)で線路上で男性がはねられ死亡した事故以来といい、駅間での人身事故はさらにまれという。事故当時、博多―小倉駅間で職員は作業しておらず、外部から人が立ち入った可能性が高いという。

 また、福岡県警によると、北九州市八幡西区の石坂トンネル西側で人体の一部が、東側で衣服の切れ端が見つかり、事故との関連を調べている。

 小倉駅から乗車した香川県の自営業の男性(46)は、のぞみ176号が駅構内に入ってきたときに先端部分の破損に気づいたという。しかし、そのまま発車し、数分後に停車。「異常が見つかりました。車両点検中」とのアナウンスが流れ、5分ほど停車後、新下関駅まで走行したという。男性は「ボンネットの異常は明らか。小倉駅の時点で駅員らが早期に事故に気づけたはずだ」と話した。

 事故の現場検証に時間がかかり、山陽新幹線は博多―広島間で上下線ともに最終まで運転を取りやめた。計76本が運休し、4万1500人に影響が出た。広島―新大阪間で最大140分以上遅れ、九州新幹線にも遅れが出た。利用客でごった返したJR博多駅構内では、岐阜県から福岡市内に友人と観光に来ていた会社員の女性(30)が、宿を探していた。「明日は帰り次第、仕事です」と困惑気味に話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索