新幹線人身事故、身元は福岡の52歳男性 自殺の可能性

 JR山陽新幹線のぞみ176号の人身事故で、福岡県警は15日、死亡したのは、福岡県直方市の介護職員の男性(52)と判明したと発表した。自殺の可能性があるとみている。

 県警は14日夜、遺体の一部が見つかった福岡県北九州市八幡西区の石坂トンネル近くの路上で、無施錠の無人の軽乗用車を発見した。所有者はこの男性で、男性の指紋が新幹線の車体から見つかった人体の一部の指紋と一致した。

 軽乗用車近くにある新幹線の高架橋の柱には、はしごのようなものが備え付けてあり、県警は男性がはしごをのぼって線路内に侵入した可能性もあるとみて調べている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索