両陛下、那須での静養取りやめ 西日本豪雨の被災者案じ

 宮内庁は13日、天皇、皇后両陛下が西日本豪雨の被害を案じ、17〜20日に予定していた那須御用邸(栃木県那須町)での静養を取りやめると発表した。豪雨で甚大な被害が発生し、猛暑の中で6千人を超える人たちが不自由な避難所生活を余儀なくされていることを案じているという。

 両陛下は被災状況を気に掛け、13日午後に日本赤十字社の社長らを招き、災害対応の状況や現地の様子の説明を受けたという。

 両陛下は毎年、この時期に那須御用邸で静養してきた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索