世界最長1万6千km 直行便が再開

世界最長、空の旅を再開 1万6千キロを18時間で結ぶ

世界最長、空の旅を再開 1万6千キロを18時間で結ぶ

 シンガポール航空は11日、シンガポールのチャンギ空港と米ニューヨーク(ニューアーク空港)を結ぶ直行便を再開した。飛行時間は18時間45分、飛行距離は1万6700キロで、民間旅客便としては世界最長の直行便となる。

 シンガポール航空によると、使用する機体はエアバス社製の新機種「A350―900ULR」。天井が通常の飛行機よりも高く、時差ボケ防止効果のある照明を用いるなどの工夫が施されているという。ビジネスクラスが67席、プレミアムエコノミーは94席用意されている。英BBCによると、プレミアムエコノミーでは、食事3回が用意され、両クラスともそのほかに軽食も用意されている。

 同便は2004年から13年まで運行し、世界最長の便として知られたが、原油高などにより運行を中止していた。シンガポール航空は11月にはロサンゼルスへの直行便も開始する予定。(シンガポール=守真弓)


今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索