路上にスズメなど3千羽の死骸 台風15号影響か 埼玉

路上にスズメなど3千羽の死骸 台風15号影響か 埼玉

 台風15号が首都圏を襲った9日に、埼玉県内で鳥約3千羽が死んでいるのが見つかった。抽出して鳥インフルエンザ検査などを行ったが陰性で、県は台風で飛ばされるなどして死んだ可能性があるとみている。

 県の11日の発表によると、県東北部の久喜市で1千羽、南西部のふじみ野市で870羽など11市町で計2983羽が死んでいるのが確認された。ほとんどがスズメだったが、一部ムクドリも含まれ、多くが路上で死んでいたという。担当者は「強風に飛ばされて壁に衝突したり、冷たい雨風で体温を奪われたりしたのかもしれない。これほどの大量死は聞いたことがない」と話す。

 熊谷地方気象台によると、9日は午前4時台に所沢市で最大瞬間風速28・4メートル、さいたま市で27・5メートルを観測。久喜市でも21・9メートルを記録した。(笠原真)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索