東京都青梅(おうめ)市の無職小川和男さん(当時67)が自宅で襲われ死亡した事件で、東京地検立川支部は16日、韓国籍の韓一仁(ハンイルイン)(31)、野村俊希(25)両容疑者=いずれも住所、職業不詳=を強盗致死と住居侵入の罪で起訴し、発表した。殺意が立証できなかったとして逮捕容疑の強盗殺人から切り替えた。認否は明らかにしていないが、捜査関係者によると、2人とも事実関係を認めているという。

 同支部によると、2人は昨年12月14日午前1時44分〜2時1分ごろ、小川さん宅に侵入し、金品を奪おうと小川さんの頭を鈍器のようなもので殴り、死亡させたとされる。捜査関係者によると、周辺の防犯カメラにこの頃、不審なマスク姿の男やミニバンが映っていた。警視庁は、ほかに複数の人物が関わったとみて捜査を続けている。