0歳の息子に暴行して重傷を負わせたとして、千葉県警は12日、父親でいずれも自称、茨城県神栖市大野原中央3丁目、配管工石川聡史容疑者(29)を傷害容疑で逮捕した。

 県警によると、石川容疑者は昨年9月1日〜10月31日ごろ、滞在中の千葉県銚子市内の妻の実家で、生後間もない息子に暴行し、全治2カ月の重傷を負わせた疑いがある。

 捜査関係者によると、妻が男児の異変に気付き、銚子市内の病院に連絡。児童相談所からの情報提供によって発覚した。男児は肋骨(ろっこつ)が折れるなどしていたという。

 石川容疑者は妻の再婚相手で、重傷を負った男児は2人の実子。石川容疑者と妻は茨城県内に住んでいたが、事件の時は銚子市内に滞在していたという。