東京五輪・パラリンピック観戦チケットの今春の販売について、大会組織委員会は12日、はがきによる抽選で整理券が当たった人にのみ、東京・有楽町に設ける窓口で販売すると発表した。

 購入希望者は「〒119・0152 東京2020大会観戦チケット整理券事務局」あてのはがきに氏名や住所、電話番号、生年月日を書いて応募する。当選者に整理券が届き、指定された日時に東京・有楽町のチケットセンターで、1人4枚(開閉会式は2枚)まで購入できる。申し込みは五輪、パラそれぞれ1人はがき1枚まで。複数の申し込みは無効になる。

 整理券の当選者数は五輪が5千人、パラが3千人を想定。五輪は2月20日〜3月12日に申し込みを受け付け、4月上旬に整理券を送り、4月28日〜5月7日にセンターで販売。パラは3月13日〜4月5日に受け付け、5月上旬に送り、5月22日〜28日に販売する。

 チケットは五輪・パラとも開閉会式、全競技を販売する予定。ただ、指定された日時には売り切れている競技も予想される。組織委は「事前に在庫状況が確認できるように検討中」としている。

 春季販売をめぐって、組織委は当初「先着順」と説明していた。この点について、組織委マーケティング局の鈴木秀紀次長は「先着順では周辺が混雑する。インターネットを使えない人なども考慮し、はがきでの受け付けが適切と判断した」と話した。

 これまでに五輪観戦チケットは1次で322万枚、追加で35万枚、2次で90万枚を、パラは1次で60万枚を販売している。

 整理券による販売のほかに、本番までに公式販売サイトや窓口で先着順の販売を予定している。(山本亮介)