警察官などを名乗り、高齢者から現金やキャッシュカードをだまし取ったとして窃盗と詐欺の罪に問われた無職黒木辰哉被告(25)=東京都江戸川区=に対し、前橋地裁高崎支部(地引広裁判官)は12日、懲役4年6カ月(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 判決などによると、黒木被告は昨年5〜6月、群馬県藤岡市などの高齢者7人からキャッシュカードを盗むなどして計約1500万円をだまし取った。

 地引裁判官は「被告は従属的な立場にあったとみられるものの、果たした役割は重要」と指摘。一方で、就労の見込みがあることなどに触れ、「酌むべき事情はある」とした。

 黒木被告はテレビドラマ「ホームレス中学生」で主演を務めるなど、以前は俳優として活動していた。(松田果穂)