捜査情報として得た他人のクレジットカード情報で電子マネーを入金したなどとして、兵庫県警は12日、北海道警帯広署の巡査部長、池田勝丸容疑者(35)=別の電子計算機使用詐欺などの罪で起訴=を電子計算機使用詐欺などの容疑で再逮捕し、発表した。

 サイバー犯罪対策課によると、池田容疑者は帯広署が捜査していた遺失物横領事件の被害者のカード情報を悪用し、昨年10〜11月、計17万円分を電子マネーカードにチャージした疑いがある。「浪費癖で金銭に困っていた」などと供述しているという。

 池田容疑者は昨年12月、別の人物のカード情報を不正に使ったなどとして、同容疑などで逮捕されていた。