若手企業経営者らでつくる公益社団法人「日本青年会議所」(日本JC)が、メディアリテラシーの啓発目的で始めたツイッターのアカウントで、ジャーナリストを名指しして「発狂している」などと書いた投稿をリツイートしていた。のちに不適切だとして削除した。

 日本JCは1月末、会員へのリテラシー教育を支援してもらうために、ツイッター社の日本法人と協定を結んだばかりだった。同社などによると、協定は日本JCから提案したもので、日本JCが立ち上げた「メディアリテラシー確立委員会」という公式アカウントによる発信に対し、ツイッター社が助言するといった取り組みだ。

 日本JCの担当者は、ジャーナリストに関するリツイートについて、「賛意を示したわけではない」と説明している。ツイッター社の担当者はこのリツイートを事前に把握しておらず、「このようなリツイートは想定していなかった」という。