覚醒剤取締法違反(所持・使用)などの罪に問われた元タレントの田代まさし(本名・田代政)被告(63)の初公判が13日、仙台地裁であり、田代被告は起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、田代被告がライブの台本執筆時に「頭をすっきりさせようとした」として覚醒剤を使ったと指摘。懲役3年6カ月を求刑し、即日結審した。

 検察側の冒頭陳述によると、田代被告はリハビリ施設「ダルク」の講演会で参加者から乾燥大麻を渡された。2019年10月にイベント会場のトイレで覚醒剤と注射器を拾い、11月6日未明に覚醒剤を使ったという。

 田代被告は被告人質問で、反社会的勢力との宴会で薬物を入手し、同年8月から使用を再開したと明かした。「『ここまでやめているからOK』というのがないのが依存症の奥深さだと、身をもって分かった。僕には(更生)プログラムがまだ必要だった。今後は、施設にずっといて、農作物を作ってみんなを笑顔にできたら」と話した。

 検察側は、入手経路の説明が不自然だとして、「関係者との関係を維持しようとしている」と指摘。田代被告が薬物依存者を支援する活動をしていたのに、再び薬物を使った刑事責任は重いと述べた。弁護側は、自らの希望でリハビリ施設に入り、プログラムを受講していることなどから、「社会内で更生する環境は整っている」として、懲役3年保護観察付き執行猶予5年を求めた。

 起訴状などによると、田代被告は昨年11月6日、東京都杉並区の自宅で覚醒剤と大麻を所持し、同日ごろ、覚醒剤を自宅で使ったとされる。(川野由起、窪小谷菜月)