2年前に当時の自宅で覚醒剤と危険ドラッグのラッシュを所持したとして、警視庁は13日、歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)=東京都渋谷区神宮前4丁目=を覚醒剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)の疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。同庁への取材でわかった。

 組織犯罪対策5課によると、槇原容疑者は2018年4月11日、当時住んでいた東京都港区海岸3丁目のマンションの一室で覚醒剤0・083グラムを、同3月30日に同じ部屋でラッシュ約64・2ミリリットルを所持した疑いがある。警視庁は当時、室内にこれらの薬物があるのを確認していたといい、その後の捜査で容疑が固まったとして13日夕、自宅で逮捕状を執行した。

 槇原容疑者は1999年8月にも、自宅で覚醒剤を所持したとして逮捕され、同12月に東京地裁で有罪判決を受けた。