歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)=東京都渋谷区神宮前4丁目=が2年前に覚醒剤と危険ドラッグのラッシュを所持したとされる事件で、現場の当時の自宅からこれらの薬物のほかガラス製のパイプも見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は槇原容疑者が吸引する方法で覚醒剤を使っていたとみて、その後の使用実態についても詳しく調べている。

 同庁は14日午前、槇原容疑者を送検した。認否は明らかにしていない。

 組織犯罪対策5課によると、槇原容疑者は2018年4月と3月、自宅だった東京都港区海岸3丁目のマンションの一室で、それぞれ覚醒剤約0・083グラムとラッシュ約64・2ミリリットルを所持した疑いがある。

 捜査関係者によると、警視庁は当時、同居人の知人男性を逮捕した覚醒剤事件の捜査でこの部屋を捜索。槇原容疑者の居室から薬物やパイプを押収し、関与を慎重に調べていた。