2016年12月、福岡市博多区の原三信病院にタクシーが突っ込み、3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた元タクシー運転手松岡龍生被告(67)の控訴審判決公判が14日、福岡高裁であった。伊名波宏仁裁判長は、禁錮5年6カ月とした一審・福岡地裁を支持し、控訴を棄却した。被告は上告する方針。

 一審判決によると、松岡被告は16年12月3日、博多区の路上で、アクセルとブレーキを踏み間違えてタクシーを時速86キロまで加速。近くの原三信病院で、テラス付近にいた博多区の花田盛幸さん(当時44)と妻の美佐代さん(同44)、遠藤一行さん(同53)をはねて死亡させた。さらに院内まで突っ込み、ラウンジにいた7人にけがをさせた。

 被告側は「ブレーキを踏んでも踏めなかった」と主張した一審に続き、控訴審でも「事故は車両の不具合によるもの」として、無罪を主張していた。(角詠之)