茂木敏充外相は14日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中国・湖北省にいる帰国希望の日本人やその親族を帰国させるため、民間チャーター機の第5便を、16日夜に派遣することで調整している、と発表した。同日夜に出発し、17日に帰国する見通しという。

 政府は第5便の派遣で、帰国支援を一区切りとする方針。茂木氏は「現時点で湖北省に在留し、帰国を希望するすべての邦人に利用いただくべく最大限の努力をしている」と述べた。

 また、安倍晋三首相は14日に首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部で、医学的な知見を踏まえた対策のため、「第一線で活躍する感染症の専門家の方々を構成員とする専門家会議を設置し、対策を一層強化する」と述べた。

 全都道府県に536カ所設置されている相談センターで、土日を含め24時間、相談できるよう自治体に協力を求めたことも明らかにした。せきや発熱などの症状があり、不安な人は相談センターで相談し、高齢者や持病を持つ人には人混みを避けることも求めた。