沖縄県は21日、本島中部に住む10代の女子学生の新型コロナウイルスへの感染が新たに確認されたと発表した。ただ、成田空港での検疫で分かったため、県内発生件数には含めないという。県内ではこれまで3人の感染が確認されている。

 発表によると、少女は症状のない無症状病原体保有者。家族や親戚計6人で13日からスペインを旅行し、20日午前9時半に成田空港に到着。検疫所でPCR検査を受け、結果が出るまで待機要請を受けたが待機せず、羽田空港から那覇空港に戻り、自宅に帰ったという。

 21日午前11時過ぎに、この少女が陽性だったと県に連絡があった。県は指定医療機関に入院するよう調整している。ほかの5人は陰性だったという。