国際オリンピック委員会(IOC)が東京オリンピック(五輪)の延期などを検討すると表明したことを受けて、大会組織委員会の森喜朗会長は23日、「延期の件は議論しないわけにはいかない」と述べた。今夏の開催を前提としつつ、延期した時の会場や経費などの課題について4週間で検討し、「延期のシナリオ」をIOCと議論することを明らかにした。

 IOC側の発表を受け、報道陣の取材に応じた。

 森会長はIOCのバッハ会長と22日夜に意見交換したこと明らかにして、「中止と言うことについては一切議論しない。あり得ない」と語った。延期については「1カ月延ばすのか、3カ月延ばすのか、5カ月延ばすのか、シミュレーションをする必要がある」と語った。延期した場合に会場が確保できるのかが一番大事と指摘し、経費も大きな課題になる、と語った。延期する場合の開催時期については明言を避けた。