東京オリンピック(五輪)・パラリンピックが1年延期された場合、経済的損失は推定で約6408億円に上る――。関西大の宮本勝浩名誉教授(75)=理論経済学=が試算し、公表した。

 欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大している現状や米国のトランプ大統領が1年程度の延期について言及したことなどから、年内の開催延期は難しく1年先延ばしが妥当と判断して効果を調べたとしている。

 試算によると、大会延期にかかる諸費用は、競技場や選手村などの施設の維持・管理費として約225億円、各種スポーツ団体が延期に備えるための必要経費約3900億円など、計約4225億円としている。