沖縄県は23日、ホテル従業員の20代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内では5人目(うち1人は空港検疫で判明のため、県はカウントせず)。

 県によると、男性は外国籍で、今月5〜14日、ベルギーに渡航歴があった。那覇市内のホテルでフロントの仕事をしており、16、17日には勤務していた。18日に39度台の発熱とせきの症状が出たという。男性が接客した客は13人おり、ホテルから、男性が感染したことについて伝えるという。