23日午前11時20分ごろ、吉祥寺駅に近い東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目のマンションの一室で、10代前半ぐらいの男児と10歳ぐらいの女児が血を流して死亡しているのが見つかった。この直前、同駅東口交番に出頭した住人のタイ国籍の女(41)が「自分の子を殺した」と話しており、警視庁が殺人容疑で調べている。

 同庁によると、出頭を受けて警察官が駆けつけると、男児は寝室のベッドの下でうつぶせに、女児はリビングで仰向けに倒れていた。いずれも刺し傷を負い、男児のそばには血の付いた包丁が落ちていた。女は「殺したのは午前7時半ごろ」と説明しているという。

 女は日本人の夫との長男、長女とこの部屋で同居。出頭時には夫の母親が付き添っていたという。警視庁は死亡した2人の身元の特定を進めるとともに、詳しい経緯を調べている。

 現場のマンションは、吉祥寺駅から北東に約200メートルの繁華街の一角。