岐阜市は23日、岐阜市の30代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。岐阜県内で感染が確認されたのは8人目。

 市によると、女性は岐阜市内の医療機関に入院中で症状は軽いという。13日から体のだるさを感じ、14日に37度台の発熱やのどの痛みがあった。22日に岐阜市内の医療機関を受診し、CT検査で肺炎像が確認された。23日にPCR検査で陽性が判明した。

 市によると、女性は9〜12日にフィリピンへ渡航。帰国後は21日までの間に、複数の日にちにわたり、マスクを着けて飲食店で接客業務をしたという。市はフィリピンへ同行した3人を濃厚接触者と認定し、勤務先でも接触者がいなかったか調べている。