茨城県は23日、つくば市在住で同市内で入院中だった80代の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染経路は分かっていない。県内の感染者は計5人となった。

 男性は11日に37度台の発熱があり、肺炎の恐れがあったことから、同市内の筑波記念病院に入院。肺炎の症状に改善がなかったため、23日に病院が検体を採取し、PCR検査の結果、陽性と判明した。酸素吸入を必要とする状況という。

 男性に最近の海外渡航歴はなく、県は「感染経路は不明」としている。男性には認知症があり、入院前には隣接するリハビリ施設も利用していたという。濃厚接触したのは同居の妻と、治療にあたった病院職員もその可能性があるという。

 県内で感染経路の推測ができない感染者の判明は初めて。会見した大井川和彦知事は「これまでの患者とは質的に異なる。場合によっては、つくば市内の集会や会食の自粛を求める要請を検討する」としている。