大型連休中の5月3、4日に福岡市で開かれる恒例の「第59回博多どんたく港まつり」のパレードが中止になる見通しとなった。市や福岡商工会議所などでつくる主催団体が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大勢の人が集まるイベント開催は難しいとみて中止に向けて調整に入った。

 商工会議所は27日午後、役員会を開き、最終決定する予定という。

 パレードには昨年、774団体、計約3万6千人が参加。明治通りを踊りながら練り歩く。例年200万人以上の来場者でにぎわう。パレードが悪天候以外の理由で中止されるのは、祭りが現在の形になった1962年以降では初めてになる。

 一方、市によると、どんたくの源流で国指定重要無形民俗文化財の伝統行事「博多松囃子(まつばやし)」は保存団体が予定通り実施する予定。