将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が28日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第91期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第2局で渡辺明棋聖(36)=棋王、王将とあわせ三冠=に90手で勝ち、対戦成績を2勝0敗とした。史上最年少でのタイトル獲得まであと1勝と迫った。

 先手の渡辺棋聖の誘導で、双方の駒が早い段階でぶつかり合う激しい戦いになった。中盤、藤井七段が守りの金を攻めに活用した力強い手が功を奏し、リードを奪って押し切った。

 藤井七段は「ここまでいい状態で指せているかなと思う。次戦も気負わずに臨みたい」と話した。今月8日の第1局ではスーツを着たが、この日は師匠の杉本昌隆八段(51)に贈られた和服で臨んだ。「着てみると思ったより快適だった。普段通りやれたかなと思う」と述べた。