消毒液を購入価格より高く転売したとして、愛知県警は1日、名古屋市中村区の無職の女性(36)を国民生活安定緊急措置法違反(アルコール消毒液の転売の禁止)の疑いで書類送検し、発表した。女性は「生活費を稼ぐためだった」と容疑を認めているという。

 新型コロナウイルスの感染拡大で消毒用アルコール製品の不足が続いたことから、政府は5月、同法の政令を改正し、消毒液の高値転売を禁止。県警によると、この規定による立件は全国で初めてという。

 県警生活経済課によると、女性は6月2日、同区のドラッグストアで1966円(税込み)で購入したアルコール消毒液6本を、インターネットのフリーマーケットサイトで愛知県内の男性に4千円で転売した疑いがある。