天皇陛下は23日、61歳の誕生日を迎え、これに先立って赤坂御所(東京都港区)で記者会見に応じた。新型コロナウイルスについて多くの時間を割いて言及し、「自らのできる範囲で感染の拡大防止に努める多くの皆さんに感謝いたします」と謝意を述べた。

 さらに、新規感染者の減少やワクチン接種が始まったことをあげ「いましばらく、国民の皆さんが痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」と語った。

 また、歴代天皇が天変地異や疫病蔓延(まんえん)の際、国民に寄り添うべく、自らができる務めを果たしてきたと紹介。被災者、障害者や高齢者、社会や人々のために尽くした人に心を寄せ、ねぎらい、励ましていくことは「私と(皇后)雅子2人の自然な気持ち」で、「皇室としての大事な務め」との考えを明かした。

 療養が続く皇后雅子さまの近況については、コロナ禍の活動の制約から体調を整えにくくなっているといい、いまだ快復の途上にあるとの認識を示した。今年成人を迎える長女愛子さまには「感謝と思いやりの気持ちを持って、一つ一つの務めを大切に果たしていってもらいたい」と思いやった。

 日本の皇室では、皇位継承権が男性に限られる一方、世界的には、ジェンダー平等や女性の活躍を推進する動きがあることについて問われ、「制度に関わる事項について、私から言及することは控えたい」と述べるにとどめた。性別に関係無く長子を優先して継承する動きが広がるヨーロッパ王室などの状況は「よく承知しています」と述べた。

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまと小室圭さんの結婚については、国民の間で様々な意見があることを承知しているといい、秋篠宮さまが昨年11月の誕生日会見で述べたのと同様に「多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と語った。

 今年、発生から10年を迎える東日本大震災については、今後も「被災地に永(なが)く心を寄せていきたい」と述べ、機会があれば現地を訪問したいと語った。