安否確認で壊した鍵、修理代出します 大阪・河内長野

 一人暮らしのお年寄りの孤立死を防ぐため、大阪府河内長野市は今年から、安否確認のために、警察が家の鍵や窓ガラスを壊さざるを得なかった際の修理代を家主へ払うことにした。「万が一にそなえ、警察にはためらわずに入ってほしい」と話している。

 国勢調査によると、市内で一人暮らしをする65歳以上は2010年に3786世帯だったのが、15年には5007世帯に増えた。

 市は郵便局や新聞販売所などと「見守り協定」を締結。「郵便物がたまっている」などの異変があれば、市に通報するよう求めている。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

18時35分更新

社会のニュースをもっと見る

18時26分更新

経済のニュースをもっと見る

17時30分更新

政治のニュースをもっと見る

18時20分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

18時17分更新

エンタメのニュースをもっと見る

18時13分更新

スポーツのニュースをもっと見る

18時14分更新

トレンドのニュースをもっと見る

13時07分更新

仕事術のニュースをもっと見る

09時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

12時00分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索