野焼きでやけど、1人死亡2人重軽傷 熊本

 熊本県の高森町と南阿蘇村の2カ所で19日、放牧用の草原である牧野(ぼくや)の野焼き作業中に火が燃え移るなどして、1人が死亡、2人が重軽傷を負った。

 県警高森署によると、同日午後2時20分ごろ、高森町野尻の牧野で、同町尾下の大工、野尻進さん(66)が野焼きの火に囲まれ、全身にやけどを負った。熊本市内の病院に運ばれたが、同日深夜に死亡した。野尻さんはNPO法人が所有する牧野の野焼きにボランティアで参加していた。午後2時ごろから約40人で作業を始め、山の上の方にいたという。

 同日午前11時ごろには南阿蘇村一関の牧野で、近くの農業の男性(78)が、野焼きで広がった火で顔や両手足などにやけどを負い重傷。男性についた火を消そうとした獣医師の男性(56)も両指先をやけどする軽傷を負った。午前10時から地元住民約40人で約30ヘクタールの牧野を焼く予定で、2人は火をつける役をしており中腹付近にいたという。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

03時02分更新

社会のニュースをもっと見る

00時30分更新

経済のニュースをもっと見る

21時23分更新

政治のニュースをもっと見る

22時34分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

01時23分更新

エンタメのニュースをもっと見る

20時56分更新

スポーツのニュースをもっと見る

23時54分更新

トレンドのニュースをもっと見る

14時57分更新

仕事術のニュースをもっと見る

09時20分更新

生活術のニュースをもっと見る

12時00分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索