ふるさと納税で「ゲームに出演」 品切れ続出、残るは…

ふるさと納税で「ゲームに出演」 品切れ続出、残るは…

 岐阜県各務原市のふるさと納税で、新作ゲームに出演できる権利など5種類が返礼品として提供された。同市のゲーム会社「日本一ソフトウェア」が企画し、発表後わずか3日で4種類が売り切れになった。

 同社はこれまでもゲームソフトを返礼品としている。市と相談して「何か一風変わったものはないか」と考え、新作ホラーゲームに登場できる権利(寄付金額20万円)を追加。1人限定だったが、提供から3日後に社員が確認すると「品切れ」になっていた。

 デザイナーに自身をキャラとして描いてもらえる権利(10万円)、新作ゲームを発売前に体験できる権利(10万円)など他の新たな返礼品もすぐに「品切れ」に。新作ゲームのスタッフロールに名前が掲載される権利(2万円)は夏ごろまで受け付けるという。

 佐橋直幸・営業部マネジャー(36)は「SNSで話題になってうれしいし、地域貢献ができてありがたい。また新たに企画したい」と話す。(室田賢)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

政治の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索