ふるさと納税返礼品、野田総務相が柔軟に認める考え示唆

 ふるさと納税の返礼品競争の是正をめぐり、野田聖子総務相は8日、「極端な例だけを見て抑え込むのではなく、転売をどう止めるかを考えたい」と述べた。総務省が4月、返礼品の金額を寄付額の3割以内に抑え、電化製品や家具など資産性の高いものや価格の高いものをやめるよう一律に自治体に通知していたが、地域の実情に応じて柔軟に認める考えを示唆した。

 報道各社とのインタビューで答えた。特産品が自粛対象とされた自治体から反発の声が出ていることをふまえ、野田氏は「返礼品には地場産業、地元の農林水産業のものがある。(返礼品で)需要が起きることで、補助金を付けなくても肉や野菜などが生産される余地ができる」と述べ、地域振興の効果を強調。「行き過ぎた返礼があったというが、一罰百戒でこの流れを止めるのは非常に問題かなと思う」とも話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

政治の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索