愛知、19年のG20開催誘致へ 中部空港島を主会場に

 愛知県は、2019年に日本で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議の誘致を目指す方針を決めた。主会場は、同県常滑市の中部空港島に建設中の国際展示場を想定。展示場は19年開業の予定で、誘致により国際的な知名度向上につなげたい考えだ。

 19年のG20日本開催は、7月にドイツ・ハンブルクであったG20首脳会議で決まった。外務省は開催地を公募する方向で、複数の都道府県が誘致に関心を寄せているという。

 愛知県の担当者は「G20が開催できれば、国際的な知名度向上が期待できる。モノづくりや地元食材を発信したい」と話している。

 県は、空港島は市街地から離れており、警備上の利点があるとみている。空港島内の展示場を会場にすれば首脳らの移動も容易とみられる。一方、宿泊施設の確保には名古屋市内のホテルも利用する必要がある。このため県は、名古屋市や空港地元の常滑市、商工会議所などと共同で誘致する方向で調整している。

 G20は主要7カ国(G7)に加え中国、ロシア、インドなど12カ国と欧州連合(EU)で構成。首脳会議には国際通貨基金(IMF)なども参加し、経済やテロ対策などを議論する。(北上田剛)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

政治の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索