「問われているのはまさしく自民党」石破氏が第一声

■石破茂・自民党元幹事長(発言録)

 同じような権能を持った衆議院、参議院、二つあって、ほとんど毎年のように選挙をし、本当にそれが二院制のあるべき姿かといえば、私は全くそうは思わない。憲法の根幹から議論しなければならない。この国の基本法である憲法について議論しない、それは国家に対して正面から向き合っていないと言わざるを得ない。今まで正面から向き合ってこなかった課題に、今回こそ結論を出すのが我々の責任だ。

 自民党をもう一度、謙虚で正直で誠実な政党としてご評価頂く政党に戻さなければならない。我々は国民政党で、国民がおかしいと思うことをおかしいと思わなくなったら、それはもはや自民党ではない。問われているのはまさしく自民党だ。(鳥取市での第一声で)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索