石井国交相の不信任案否決 与党など反対 カジノ法案で

石井国交相の不信任案否決 与党など反対 カジノ法案で

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を担当する石井啓一国土交通相に対する不信任決議案は15日午後の衆院本会議で、自民、公明両党などの反対多数で否決された。国民の理解が進んでいない法案を強引に押し通そうとしているとして、立憲民主党などが提出していた。

 これを受け、与党は本会議終了後に衆院内閣委員会を開き、山際大志郎委員長(自民党)の職権で質疑を打ち切って採決を強行する。法案は19日に衆院を通過させ、20日までの会期を延長した上で、今国会での成立をめざす。

 カジノをめぐっては、2016年12月にも今回の法案の前提になる「カジノ解禁法」で、自民党が衆院内閣委での採決を強行した。今国会では衆院厚生労働委での働き方改革関連法案に続く採決強行となる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索