安倍晋三首相は12日午前の衆院予算委員会で、「桜を見る会」に関連する野党議員の質問内容をウソだと断じるかのような自らの国会答弁をめぐり、野党側からの謝罪要求に応じなかった。すでに発言を撤回したと説明した上で、「非生産的な議論を長々と続ける気持ちはない」などと述べた。

 同委の4日の質疑で、首相に批判された立憲民主党の黒岩宇洋(たかひろ)氏が、「私にとって著しく不名誉なことだった」と撤回と謝罪を要求。これに対し、首相は「すでに(4日の別の野党議員との質疑で)撤回している」と答弁。ただ、夕食会に高級すしが出た可能性に触れた黒岩氏の過去の言動を改めて持ち出し、「私としても謝罪してもらいたい」とし、謝罪には応じなかった。

 4日の同委では、首相の後援会が開いた夕食会をめぐり、黒岩氏が会場のホテルの規約を挙げてキャンセルなどが起きた際の対応をただした際、首相は「規約にあるわけではない」と反論。過去の黒岩氏の言動を引いて「根拠がないことを言う。ウソついてということと同じ」などと批判した。黒岩氏は規約のコピーを手に質問していた。