「桜を見る会」をめぐる公文書管理の問題で不安定な答弁を繰り返す北村誠吾地方創生相について、安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で「しっかりと任務を果たしている」と述べ、擁護した。

 国民民主党の後藤祐一氏への答弁。北村氏は質問にかみ合わない答弁や言い間違いを繰り返し、審議がたびたび中断する。野党は答弁書を棒読みする北村氏の資質を疑問視するが、首相は「事務方が大臣の考えを調整しながら文書を作る。正確性を期すために、読む時もあるし、文書から外れる時もある。今後とも役割を果たしてほしい」と述べた。