東京五輪・パラリンピックの延期が決まったことを受け、東京都の小池百合子知事は25日朝、報道陣に対し「アスリートにとって見えなかったゴールがようやく見えた」と述べた。延期する期間について、小池知事は「1年と2年ではお金や会場のおさえ方も違う。事務を担当する職員にとってもかなり具体的になってきた」と語った。課題を問われると「ホッとする部分もあるけれど、これからが大変です」と話した。