新型コロナウイルスの感染拡大で東京都の小池百合子知事が「感染爆発の重大局面」との認識を示したことについて、西村康稔経済再生相は26日午前の参院予算委員会で「同様の危機感を私どもも共有している」と述べた。

 西村氏は「物資の供給に私どもは責任を持ち、状況を見ながら必要な対応をとりたい。都民、国民は冷静な対応をお願いしたい」と呼びかけた。菅義偉官房長官も「国と自治体で協力・連携し、感染拡大の防止に全力で取り組みたい」と語った。

 改正特別措置法にもとづく「緊急事態宣言」を出すかについては、西村氏は「感染状況、患者数の増加、感染経路が分からない患者数、海外の状況といったことを総合的に判断していく。しっかりデータも見ながら、専門家の意見を聞いて適切に判断したい」と述べた。

 野党統一会派の小西洋之氏(無所属)、立憲民主党の石川大我氏への答弁。