2020年度予算は、27日の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。今年に入り感染拡大した新型コロナウイルス感染症への対策費用は含まれておらず、政府は今後、経済対策の取りまとめを本格化させ、補正予算案を5月の大型連休前に成立させたい考えだ。

 27日に成立した当初予算の総額は102兆6580億円で過去最高額。防災対策やキャッシュレス決済のポイント還元など昨年末に決めた事業総額26兆円の経済対策の一部のほか、幼児教育・保育無償化、大学など高等教育の授業料減免などの費用を盛り込んでいる。