ジャンプW杯初Vの伊藤、ライバル高梨に4メートル差

ジャンプW杯初Vの伊藤、ライバル高梨に4メートル差

(14日、ノルディックスキー・ジャンプ女子ワールドカップ個人第7戦)

 W杯に参戦して6季目。初優勝を決めた伊藤はスキー板を両手で握りしめるように掲げ、思いをはじけさせた。「いろんなことがあったのでうれしい」

 超えられなかった存在にようやく勝った。2歳下の高梨だ。1回目は不利な追い風の中、飛距離で2メートル上回る。2回目は首位の重圧に負けずに最長不倒の96メートル。通算50勝目を狙ったライバルに、4メートルの差をつける完勝だった。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

20時31分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索