9位から再起、進化の思考力 サントリー全勝V

9位から再起、進化の思考力 サントリー全勝V

(14日、サントリー27―15神戸製鋼 ジャパンラグビートップリーグ)

 負ければ優勝を逃してしまうかもしれない大一番に、今季無敵だったサントリーでもてこずった。

 前半の立ち上がりから若手を中心に動きが硬く、相手の圧力を受け後手に回った。序盤いきなりトライを許すなど、0―8に。それでもSO小野は「1点差でも勝てばいい。8点をリードされても冷静だった」。前半40分に江見が逆転のトライ。後半3分に3試合ぶり先発のFB松島が個人技でトライを決めると、その後はPGで着実に差を広げた。

 昨季はチーム最低の9位に終わった。4季前の優勝の後、日本代表コーチになって3年間チームを離れていた沢木監督はもどかしかった。「ラグビーが進化していない。9位は必然の結果」。選手にはラグビーを考える力を植えつけた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

10時26分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索