プロ目指す東大・宮台が始動、神社にリーグ勝ち点を祈願

プロ目指す東大・宮台が始動、神社にリーグ勝ち点を祈願

 東大野球部は14日、今年最初の練習を開始した。昨年、プロを目指すことを明言したエース宮台(3年、湘南)も軽いキャッチボールなどで汗を流した。

 東京六大学で通算4勝を挙げる左腕は昨年、肩を痛め、昨秋のリーグ戦は1試合の登板だった。2月からは大分で医師らとともにリハビリやトレーニングに努め、春の開幕に備える。

 この日はチームでグラウンド近くの根津神社に参拝。29季ぶりの勝ち点獲得を願った。「プロ発言して自分に重圧をかけた。やるべきことをやりたい」

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

07時10分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索